TrueFree2は高コスパのワイヤレスイヤホン!ただの安物ではなかった

SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン ワイヤレスイヤホン wireless Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン イヤホン ANKER レビュー コスパ おすすめ 安い
スポンサーリンク
やまちゃん
やまちゃん

安くておすすめのワイヤレスイヤホンを探しています。

音質もそれなりに良いものが欲しい!

コスパの良いイヤホンを教えて!

こういった悩みに答えます。

今回おすすめするのはこちら

SOUNDPEATS TrueFree2
参考価格:3,980円

このイヤホン、この価格では考えられないほどの機能、クオリティがあり、100万台売れた「TrueFree+」の後継機モデルです。

では、その特徴を簡潔にさくっと説明していきます。

  • 3千円台で購入できる高コスパワイヤレスイヤホン
  • 音質:低音〜中音〜高音 満足◎
  • こんな機能もある(通話、IPX7防水、片耳モード)

驚き:中低音の音質が良い

使用してまず初めに驚いたことは「低音〜中音域」が想像以上にでる!

正直、この時点で買って正解のイヤホンだったと。

個人的にこの点をかなり高く評価しています。

安いワイヤレスイヤホンというのは、軽い音(シャカシャカした音)のイメージがあり、当イヤホンもこの価格なのである程度は覚悟していましたが、

予想を大きく裏切ってくれました。

ぶっちゃけ、この性能だけでSOUNDPEATS TrueFree2は勝ちイヤホン。

※ここで述べている音質の性能は、大体5千円以下程で購入できる同価格帯ワイヤレスイヤホンと比較した感想です。

デザインはチープ感なし

SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン ワイヤレスイヤホン wireless Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン イヤホン ANKER レビュー コスパ おすすめ 安い
イヤホン本体
SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン ワイヤレスイヤホン wireless Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン イヤホン ANKER レビュー コスパ おすすめ 安い 充電 バッテリー 充電ケース
充電ケース

シンプルでチープな感じはなし。

充電ケースも同じくシンプル。ピアノブラックのようなテカテカ感がなくマットに仕上がり。

指紋がつきにくい点や、サラッとした触り心地も良いです。

付け心地

SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン

耳の奥に入れ込むタイプで、抜けにくく、遮音性がある。

いわゆる「カナル型」という形状をしています。

フィット感があるので、走ったり運動をしていても抜けにくいです。

前述で「低音が効く」と言いましたが、カナル型のイヤホンの特徴として重低音に優れているという特徴があります。

重さ4.7kgって軽いの?

メーカーWebサイトでは軽さを売りにしていて、確かに軽いんですが他と比較してどうなのか。

比べてみましょう。

  • AirPods 4.0g
  • SOUNDPEATS TrueFree2 4.7g
  • AirPods Pro 5.4g
  • Sony WF-1000XM3 8.5g

上記の通り。

有名メーカーのワイヤレスイヤホンと比べても軽い製品と言えます。

充電方法

SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン ワイヤレスイヤホン wireless Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン イヤホン ANKER レビュー コスパ おすすめ 安い 充電 バッテリー
充電ケースには4バッテリー残量表示メーター付き

イヤホンは充電ケースに入れて充電します。

一回のフル充電で4時間再生。

充電ケースをMAX充電しておけば、組み合わせて最大20時間使用可能。

充電ケースにバッテリー残量表示インジケーターが付き、ケースのバッテリー残量を4段階で把握できます。 

4段階表示

●    〜25%
●●   〜50%
●●●  〜75%
●●●● 〜100%

※使用時間はメーカー公式ページより抜粋
※使用環境や音量により、使用時間は前後します

充電ケースはUSBケーブル(Type-C)で充電することができます。

操作は本体ボタンで

音量調整、曲送り、再生や停止などが、本体のボタンを直接プッシュすることでできます。

物理ボタンを採用することで、誤操作が少なくなるというメリットがあります。

ボタン操作のデメリット

装着したまま外側からイヤホンを押さえつける格好になるので、ボタンを押した時に耳に圧がかかり、圧迫されるのがちょっとだけ難点。

慣れたら気にならなくなりますが。

気になることをQ&A形式で

SOUNDPEATSってあまり聞いたことないですが

AppleやSONYなど超大手メーカーに比べると知名度が低いのは否めませんが、「安いのにクオリティが高い」と評判。

一世代前の「TrueFree+」(2019年発売)は全世界で100万台以上売れました。

そのポテンシャルは、“ワイヤレスイヤホンに全力を注いでいる”とメーカーWebサイトでも公言するほど。

繰り返しになりますが、SOUNDPEATS 「TrueFree2」は「TrueFree+」を更に進化させた後継機です。

どこで買うのが安いの?

こういったガジェット系は、やはりAmazonが圧倒的コスパ◎

僕は3千円代で購入しました。

または、ポイントを考慮して楽天市場もおすすめですね。

音飛びは?

一切なし(購入後1ヶ月使用)

通信範囲は?

Bluetooth5.0規格なので10mです。

【参考】使用環境によるのであくまで一例ですが、自宅の2Fリビングにスマホを置いて3Fの寝室でも問題なく届きました。

スポーツ用につかえる?

かなり活躍します。

片耳4.7gという軽さと、IPX7防水で、小雨に濡れても汗をかいても問題なし。

通話もできる?

マイク付きなので通話もできます。しかもマイク部分も防水仕様で安心。

まとめ:TrueFree2は高コスパのワイヤレスイヤホン!ただの安物ではなかった

SOUNDPEATS Truefree2 無線イヤホン ワイヤレスイヤホン wireless Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン イヤホン ANKER レビュー コスパ おすすめ 安い

今更だけど、ワイヤレスイヤホンが欲しい…

というワイヤレスイヤホン初心者の方にはめちゃくちゃおすすめできる製品です。

これからは「音声メディア」の時代が来ます。

例:音楽の聴き放題サービス(サブスク)、Voicy(ラジオのように音声コンテンツを配信するもの)

通勤・通学・運動・家事の際、今まで空いていた「耳のスキマ時間」がより有効活用される時代に、ワイヤレスイヤホンは欠かせないアイテムといって間違いなさそうです。

 SOUNDPEATS TrueFree2の購入リンク

余談:SpotifyとSOUNDPEATS=最高すぎる

音楽聴き放題のサブスクSpotify(スポティファイ)。

SOUNDPEATS TrueFree2で毎日のようにSpotifyで音楽を聴いています。

サブスクとはいえ、僕は無料会員。

曲のスキップ回数が決められていたりと多少の制限はありますが、最新の曲をワイヤレスイヤホンで聴けています。

この環境を3千円そこそこで手に入れられたのは、めちゃくちゃ良い投資だったと思っています。

yamayoru
yamayoru

なんでもワイヤレスになる時代。

SOUNDPEATSは入門用としては申し分ない機種だと思います。

ワイヤレスイヤホンの波に乗り遅れた(笑)っていう人はぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました