ノートPCと相性の良い小型マウス。ロジクールM590をレビュー。

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール サムボタン
スポンサーリンク

ノートPCに最適なマウスは何を選べばいいのかな?

外出先で使うからカチカチ音がしないモノがいい。

でも、金額、機能、デザイン…色々なメーカーのマウスがありすぎて何を基準に選べばいいかわからない…

結論

小型・7ボタン・静音マウス

ロジクールM590がおすすめです。

この記事は、

  • モバイル向きのコンパクトなマウスを探している
  • ノートPCのタッチパッドが使いづらい

と言った方へおすすめするマウスのレビューです。

ノートPCにはロジクールM590がおすすめ

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール サムボタン

この記事を読んでくださっている方はノートパソコンと相性の良いモバイルマウスを探している方が多いと思います。

マウスの種類は多様で、金額、機能、デザイン、口コミ、大きさが様々。

PCに慣れていない方だと「どのメーカーなら安心か」の基準もわかりにくいでのはないでしょうか。

ロジクールのM590という小型マウスは、

1,000円ぐらいで買えるごく普通のマウスに、少しだけ予算をプラスすることで、その分返ってくる利便性はかなり高いです。

WindowsでもMacでも使えますし、無理して高いマウスを買わなくてOKです。

おすすめする理由を詳しく述べていきますね。

サイドに2つのサムボタン

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール サムボタン

モバイルマウスにはサイドのボタンがない機種も珍しくないですが、しっかりと2つ付いています。

デフォルトでは「戻る」「進む」が割り当てられますが、 ニーズに合ったボタンに割り当てることができます。

私は1つを「戻る」、もう1つを「デスクトップを表示」ボタンに割り当てており、たくさんアプリやウインドウを開いた状態でも、一発でデスクトップを表示させることができるのでおすすめです。

小さすぎずちょうど良いサイズ

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール

出典:ロジクールHP

握って小さすぎず、かつ、厚さも40mmと抑えられているので、かばんの中にに入れてもかさばりません。

静音性

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール サムボタン

静音性に優れたマウスは、カフェや図書館など、静かで人が集まる場所でとても重宝します。

90%のクリックノイズリダクションによって、周囲の人々の邪魔になりません。

出典:ロジクールHP

従来の「カチ、カチ」という金属的なクリック音ではなく、

「ポコ、ポコ」といった低くて小さな音。

まず自分が周りに気を遣わなくて済みますし、周りの人も気にならないのでお互いのストレスを軽減できます。

ただし、水平スクロール(ホイールを横に倒す)の際は「カチ」っと音がなります。

2台のPCを操作できる

方法は2種類あります。

その1

このマウス1台で2台のPCを切り替えて使うことができます。

やり方は、ホイールの下にあるボタンを1秒押すだけ。

すると、

「PC1」「PC2」が切り替わるので、このマウス1つで2台のPCを切り替えて操作できます。

その2

2台のPCを切り替えるだけでなく、

PC間を行き来したり、PC間でコピペができます。

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール

マウスカーソルを2台のパソコン間で移動させ、1台のパソコンから別のパソコンへのテキスト、画像およびファイルのコピー/貼り付けも可能です。

出典:ロジクールWebサイト

上記引用をもう少し補足すると、

カーソルを画面の端に移動させることで、そのまま隣のパソコンに入りこむ事ができます。

そして

左のPCの文字や写真をコピー→ 右のPCに貼り付け

が簡単にできます。

私はブログを書く際、デスクトップPCとノートPCを並べていますが、

・デスクトップPCで調べ物をしてコピーし、
・ノートPCでブログ記事に貼り付ける

これがとっても便利です。

以上2つの接続方法を整理しますと、

使い方その1
 PC1とPC2、それぞれ切り替えて使う

使い方その2
 PC1とPC2を行き来したり、PC間でコピペできる

こういった使い方もできます。

ただ、「別にそんな機能はいらないよ」という人も多いと思います。

この機能はマストではないですし、スルーしたとしてもそれ以外の点で値段以上のパフォーマンスを発揮してくれますので安心してください。

【類似】M590とM585との違い(どちらが良い?)

M585 M590 違い サイレント 静音性 色 MG
上:M590
下:M585

M590を候補として挙げている大半の方が比較するであろうM585。
(またはその逆パターン)

M585のほうが少しだけ安いです。

似ていますが、微妙に違うこの2機種。

選ぶのはM590でOKだと思います

もちろん理由があります。

これらのマウスの違いは次の2つ。

①静音性がある or ない

◎M590は静音性あり

対して

×M585は静音性なし

②デザインが少しだけ違う

上記写真のように配色が若干異なります。

上記はグレーを比較したものです。

結論はM590を選ぼう

この2機種の金額差は、定価ベースで550円の差。

この差でサイレント機能がつくのは大きいです。

ロジクールはマウスの老舗メーカーです

私は前職で企業向けにPCの販売や設定する仕事を10年ほどやっていましたが、ロジクールのマウスは売る方の立場としても自信をもって売れるマウスでした。

車でいったらトヨタのようにまず名前が挙がるメーカーですね。

Windows・Macどちらとも馴染むデザイン

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール mac macbookair

見た目も悪くないと個人的には思います。

色が3色から選べるのもいいですね。

自分が使っているPCに色を合わせられます。

その他、商品仕様

M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール Unifying対応 Bluetooth
ワイヤレス接続用の子機も付属している
M585 M590 Logicool Options Flow ロジクール Unifying対応 Bluetooth
単三電池1本で2年間使えるというものすごい仕様

細かい点は文章より表のわかりやすいと思いますのでまとめておきます。

メーカーLogicool(ロジクール)
商品名M590 MULTI-DEVICE サイレント マウス
型番M590GT / M590MG / M590RU
カラーグラファイト トーナル / ミッドグレイ トーナル / ルビー
サイズ高さ x 幅 x 奥行き
103 mm x 64 mm x 40 mm
重量101g(電池を含む)
総ボタン
解像度dpi1,000
対応OSWin/Mac/Chrome OS/Linux/ iPadOs
接続方法アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)、Bluetooth
接続I/FUSB
使用電池単三形乾電池x1本

接続は、ワイヤレスとBluetoothを選べます。

まとめ:M590はノートPCの協力なパートナー

  • 小型ながらサイドボタン付きで使いやすさは確保
  • クリック音が超静か。カフェや図書館でも使える
  • 2台のPCをこのマウス1つで操作可能
yamayoru
yamayoru

静かな職場でもこのマウスのクリック音なら気にならない!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

Amazonセール中!!期間限定2/1まで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました