マラソン初心者が購入した低価格スマートウォッチをレビュー

スマートウォッチ 時計 マラソン 耐水
スポンサーリンク

これまで長距離走というものに全く縁がなく、

どちらかというと一番苦手なスポーツと思っていたマラソンの大会に出る事になりました。

しかもフルマラソンです。

今までの人生で走った最長距離は高校の時の10km。

それも1時間以内というルールのなか、ぎりぎり走れた記憶があります。

苦手ですが、一生に一度は走ってみたいと思っていたので

ここぞとばかりにマラソングッズを揃えている最中でございます。

そして、まず買ったのがスマートウォッチ(スポーツウォッチ)。

使い始めて3週間ほど経ちましたのでレビューしていきます。

購入したのはこちらのスマートウォッチ

スマートウオッチ スマートブレスレット スポーツウォッチ時計

●Risorea(リソレア) B5スマートウォッチ iPhone&Android対応 日本語対応

数あるスマートウォッチからなぜこの商品を選んだのか

金額

購入金額は3,654円

Amazonや楽天でこのぐらいの価格帯でリーズナブルなスマートウォッチが購入できます。

上を見ればキリがなく今回始めて購入するため安いものを選びました。

小さくて軽い

  • 重量 21g
  • スクリーン 0.96インチ

できるだけコンパクトで重量が軽いものを選びました。

走っていて重たいと思ったこと、邪魔だと思ったことはありません。

小さいながらも時計表示は見やすく,デザインされていて高評価。

防水

  • 防水レベル IP68

スイミング対応で水で丸洗いもできます。

毎回走ったはそのまま水で洗えるので清潔に保てます。

日常の練習で使用している機能

  • ストップウォッチ(ランニングの時間計測)
  • リアルタイム心拍数測定

心拍数の状態が変わってくると振動で教えてくれます。

全部で5段階あり、「今日はもう心拍数が上がっているな、ちょっと無理して走っているかな」など、調子が良い日・悪い日のひとつの判断基準として無理せずトレーニングができています。

購入後良いと思った点

腕上げ点灯

腕を上げるだけ(普通に時計の時刻を確認する動作)で

画面が明るく表示されるので

夜のランニング中や少し暗い場所でも、時間の確認が楽にできます。

スマホと連動

過去のトレーニングのスコアをスマホのアプリで管理できます。

アプリ側で更新ボタンを押すだけでBluetooth接続されたスマートウォッチから自動的にスコアを吸い上げてくれます。

バッテリーの持ちと充電のしやすさ

スマートウォッチ 充電 USBポート
USB 充電 ACアダプタは付属していません

使用状況にもよりますが3〜4日は普通に使えています。

仕様書には連続使用時間約4~5日と記載されていますのでほぼ正確な情報ですね。

充電は写真のように片方のベルトを外すとUSB端子が出てくるので、そのままUSBポートに挿せば充電できます。

別途充電ケーブルを用意しなくてOKです!

購入後悪いと思った点

GPS接続に失敗する

GPSをONにしようとすると

スマートウォッチ スポーツウォッチ GPS
スマートウォッチ スポーツウォッチ GPS

何度コンテニューしても接続できたことはありません。

もしかしたら場所によって繋がりやすさが違うのかもしれません。

GPS機能が働かず位置情報がとれていないことが要因だと思いますが、走行距離に誤差が出ます。

実際には7km走っても表示上5.3kmになっていた、なんてことがあります。

説明書の日本語訳が少し変

スマートウォッチ 説明書

これは安価な中華製品なのである程度は仕方ないですね。

ただ、意味がわからないレベルではなく、使い方は一通り読めばわかると思いますのでご心配なく。

その他の機能

天気予報

血圧測定

電話等のアプリ着信通知(電話や通知が来るとバイブレーションでお知らせ)

などは日常使いでも役に立つ機能かと思います。

感想

yamayoru
yamayoru

はじめてスマートウォッチ(スポーツウォッチ)を購入しましたが、そもそもの購入理由である「小さくて軽いこと・防水機能があること」が問題なくクリアできているので不満なく使えています。

軽すぎて付けていることを忘れるぐらいです。

ジョギング、マラソン用にスマートウォッチを考えている方は選択肢の一つに入れても良いのではないかと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました